プロ野球亭日乗BACK NUMBER

短期決戦の諸刃の剣“絶対エース”。
楽天・田中、広島・前田の崩し方。  

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2013/10/16 14:00

短期決戦の諸刃の剣“絶対エース”。楽天・田中、広島・前田の崩し方。 <Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

10月12日に行なわれたCSファーストステージ初戦でも阪神を7回1失点に抑え、突破の原動力となった広島の絶対エース・前田健太。

絶対エースからの1勝は、1勝以上の重みがある。

 今季の巨人は、主力打者が前田に対しては2割台かそれ以下(坂本勇人、村田修一が11打数2安打、長野久義が12打数1安打、阿部慎之助が8打数2安打)とほぼ完璧に抑え込まれている。いかに少ないチャンスを点に結びつけられるか。その意味では田中の攻略と違って、走者を出したらバントを多用していくことも必要になってくる。

 また巨人の場合は、7回以降にマシソン、山口鉄也、西村健太朗という絶対的なリリーバーを持つのが強みで、終盤の勝負に持ち込めば有利な戦いが待っている。それだけに、前田にはいかに球数を投げさせて完投させず、広島ベンチに継投を強いることができるかどうか。前田を直接的に攻略できなくても、そこから勝機を見いだすのも一つの方策となるだろう。

 逆に前田から見れば、東京ドームでの巨人打線の怖さは一発の怖さでもある。そういう意味では阿部や坂本など主力打者だけでなく、昨年のポストシーズンで予想外の働きを見せたボウカーやロペスという外国人選手をいかに料理していくか。その辺りも巨人封じのポイントになりそうだ。

 単なるエースではない。“絶対エース”がいることは、チームにとって短期決戦では大きな強みである。ただ、その逆に"絶対エース"が打ち込まれたときにチームが受ける精神的、戦略的ダメージも計り知れなく大きい。

 巨人は3つ、ロッテは2つまでは負けられるし、どこで敗れてもその1敗は単なる1敗でしかない。しかし楽天が田中で、広島が前田で敗れる1敗は、単なる1敗以上の重みでチームにのしかかることになる。

 だからこそ相手チームはこの“絶対エース”を倒すことが、シリーズを制する最大のカギとなるのである。

関連記事

BACK 1 2 3
読売ジャイアンツ
広島東洋カープ
東北楽天ゴールデンイーグルス
田中将大
前田健太
千葉ロッテマリーンズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ