SCORE CARDBACK NUMBER

世界一のコンストラクター、
モリワキのさらなる挑戦。
~モト2初年度チャンピオンに~ 

text by

佐藤洋美

佐藤洋美Hiromi Sato

PROFILE

photograph byJun Goto

posted2010/12/07 06:00

世界一のコンストラクター、モリワキのさらなる挑戦。~モト2初年度チャンピオンに~<Number Web> photograph by Jun Goto

エリアスとマシンを囲んで記念撮影。モリワキとグレッシーニのスタッフに笑顔が弾けた

 近年のグランプリでは、「世界一のバイクを造る」のは巨大メーカーのみが為せる業であり、一介のマシンコンストラクターにとっては大きすぎる夢であった。しかし、今季新設されたモト2クラスはエンジンとタイヤをイコールコンディションとすることで、さまざまなコンストラクターに門戸を開いた。

 そのモト2の初年度王者に輝いたのはグレッシーニ・ホンダのT・エリアスで、マシンを開発したのは日本の誇るコンストラクター、モリワキだ。森脇護代表の35年のレース経験すべてを注ぎ込んだMD(モリワキドリーム)600の強さは、17戦中7勝を挙げるという圧倒的なもので、モリワキの力量を国内外のレースファンに知らしめた。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

MotoGPの前後のコラム

ページトップ