SCORE CARDBACK NUMBER

吉田沙保里を奮起させた、
東京五輪とレスリング存続。
~7年後への一歩、世界大会14連覇~ 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byAFLO

posted2013/10/06 08:00

吉田沙保里を奮起させた、東京五輪とレスリング存続。~7年後への一歩、世界大会14連覇~<Number Web> photograph by AFLO

世界大会14連覇を達成した吉田。決勝だけテクニカルフォールを逃し悔しさもにじませた。

 圧勝だった。9月19日、ブダペストで開催されたレスリング世界選手権の55kg級で、吉田沙保里が優勝した。今秋、階級区分が変更されるため、最後となる55kg級での大会を、5試合すべて無失点という完璧な試合運びで飾った。

 吉田は大会前、「ロンドン五輪のときよりも調子は上がっている」と語っていたという。それが試合に表れていたが、オリンピック以上と言える出来にあったのは、新しい目標を見出したモチベーションの高まりにほかならない。

「レスリングへの気持ちが切れたことはありません」

 そう言い続けてきた吉田だが、モチベーションの上下がなかったわけではない。北京で五輪連覇を達成したあとは勝利への欲求を失いかけ、日本代表の栄和人監督も「今までで一番ピンチかもしれないですね」と危ぶむ時期があった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 546文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

エースたちの日本シリーズ。~秋の頂上決戦秘話~

関連記事

吉田沙保里
リオデジャネイロ五輪
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

格闘技の前後の記事

ページトップ