SCORE CARDBACK NUMBER

古豪・磐田に忍び寄る、
悪夢が現実になる日。
~奇跡のJ1残留は茨の道~ 

text by

浅田真樹

浅田真樹Masaki Asada

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2013/10/03 06:00

古豪・磐田に忍び寄る、悪夢が現実になる日。~奇跡のJ1残留は茨の道~<Number Web> photograph by Getty Images

第26節終了時点で3勝13敗10分。まさかの展開に、サポーターも必死に勝利を願い続ける。

 昨季のG大阪のインパクトが強すぎたせいか、もうひとつ大きな話題にはなっていない。だが、今季もJ1優勝の実績を持つクラブがまた、J2降格の危機にさらされている。現在(第26節終了時)、17位に沈む磐田である。

 確かに、今季の磐田が低迷していることに、開幕前には優勝候補に挙げられていた昨季のG大阪ほどの意外性はない。実際、磐田は'02年の優勝をピークに成績がジワジワ降下。近5年の順位を見ても、16、11、11、8、12位と、一桁順位だったのは'11年の一度しかない。'08年には、現行規定なら自動降格となる16位に終わっている(入れ替え戦で残留)。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

ジュビロ磐田
前田遼一

Jリーグの前後のコラム

ページトップ