SCORE CARDBACK NUMBER

“絶対エース”の時代の終焉?
変わりつつある高校野球。
~複数投手で戦うことの優位性~ 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph byAFLO

posted2013/09/06 06:00

“絶対エース”の時代の終焉?変わりつつある高校野球。~複数投手で戦うことの優位性~<Number Web> photograph by AFLO

前橋育英は高橋光成と喜多川省吾、2年生の投手2人で県大会から勝ち抜き栄冠を掴んだ。

 前橋育英の優勝で幕を閉じた甲子園。マイ・ベストゲームは準々決勝の第3試合、前橋育英対常総学院だ。

 2点リードで迎えた9回裏、常総学院は絶対エース・飯田晴海が足の不調を訴え投球不能になり、リリーフに送ったのは甲子園初登板の2年生・金子雄太。

 金子は先頭から2人を凡打に打ち取り、残り1アウトを取れば4強進出というところまでこぎ着けるが、内野手のエラーをきっかけに同点に追いつかれ、延長10回にサヨナラ負けを喫している。

 たった1球の行方で明から暗に移り変わる高校野球の怖さ、面白さをあまりにも鮮明に映し出した試合を観て、ゲーム終了後、私はしばらく記者席の背もたれに体を預け、茫然としていた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 603文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<完全保存版>イチロー不滅の4000本。~最強打者と数字の美しい関係~

関連記事

飯田晴海
金子雄太
高橋光成
喜多川省吾
前橋育英高校
常総学院高校

高校野球の前後の記事

ページトップ