SCORE CARDBACK NUMBER

KOを「狙える」左拳、
山中慎介が迎えた充実期。
~照準はバンタム級統一王者~ 

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

photograph byBOXING BEAT

posted2013/09/02 06:01

KOを「狙える」左拳、山中慎介が迎えた充実期。~照準はバンタム級統一王者~<Number Web> photograph by BOXING BEAT

長男・豪祐くんを抱きつつ歓声に応える山中。笑顔も少なく、すでに次戦を見据えていた。

「ノックアウトは狙うな」とよくいう。ダウンを奪ったボクサーが大振りになってミスを繰り返し、トドメを刺し損ねる試合がリングの上では繰り返されている。「狙うな」とは相手を倒そうと意識しすぎて自分のボクシングを見失わないようにとの、戒めのようなものだ。“ノックアウト・ダイナマイト”の異名を持つ内山高志は、いつも「KOは狙いませんが、結果としてそうなればいい」と言いながらKOを重ねている。

 だが、いま最も輝いているもう1人のKOキング・山中慎介は、狙ってKOを奪える稀有なパンチャーだ。8月12日のWBC世界バンタム級王座4度目の防衛戦でも、試合前から「KOを狙う」と公言。実際、プエルトリコからやってきたホセ・ニエベスをわずか160秒でKOしてみせた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 587文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

山中慎介
内山高志
西岡利晃
ホセ・ニエベス

ボクシングの前後のコラム

ページトップ