ボクシング拳坤一擲BACK NUMBER

完勝の日本王座奪取にも「未熟者」。
井上尚弥、モンスターが背負う宿命。 

text by

渋谷淳

渋谷淳Jun Shibuya

PROFILE

photograph byJun Tsukida/AFLO SPORT

posted2013/08/27 10:31

完勝の日本王座奪取にも「未熟者」。井上尚弥、モンスターが背負う宿命。<Number Web> photograph by Jun Tsukida/AFLO SPORT

日本最速タイ記録で日本王者となった井上。次に狙うは井岡一翔の持つ7戦目での日本最速世界王者の記録だ。

世界3位に勝っても「まだキャリア不足です」。

 強調したいのは、こうした授業料を支払いながら、なお井上は文句のない判定勝利を手にしたことだ。しかも相手は格下というわけではなく、WBAで世界3位につける田口である。ベストパフォーマンスに及ばずとも、はっきりとした判定で世界3位を退けるのだから、やはり実力は並みではない。

 井上の宿命を口にしたのは、大橋ジムの松本好二トレーナーだ。

「尚弥が並みの選手なら、昨日の試合は手放しで喜んでいい。世界3位に勝ったわけですから。でも尚弥の場合は求められているものが違う。そもそもの立ち位置が違う。それが尚弥のボクシング人生。注目されなくなったら終わりですよ」

 試合を終えた井上は、世界挑戦について問われ「まだキャリア不足です。もっとキャリアを積んだらいけると思う」と答えた。正しい自覚だ。練習で技術や体力は磨けても、ピンチに陥ったときの対処の仕方や、試合の微妙な流れを感じ取る能力は、キャリアを積まなければ身に付かない。

 試合翌日、ジムを訪れると井上はこう言った。

「まだ必死になりすぎているという感じで、全体が見えていません。ラウンドごとの組み立てなんかまだまだできない。もっと広い視野でいろいろ見ることができるようになりたい」

 モンスターと名付けられた青年はまだ20歳になったばかり。一戦一戦、一日一日が必ず明日への糧になる。

関連記事

BACK 1 2 3
田口良一
井上尚弥

ボクシングの前後の記事

ページトップ