MLB東奔西走BACK NUMBER

イチローも10月でついに40歳に。
全米屈指のベテラン力の源泉に迫る。 

text by

菊地慶剛

菊地慶剛Yoshitaka Kikuchi

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2013/08/18 08:01

イチローも10月でついに40歳に。全米屈指のベテラン力の源泉に迫る。<Number Web> photograph by Getty Images

打撃不振のヤンキースで、ベテランながらチーム上位の打率を誇るイチロー選手。チームにとって欠かせない存在となっている。

ピークは過ぎても、圧倒的な安定感は健在。

 特に今シーズンの月間打率を見ていくと、4月.268、5月.247、6月.292、7月.305、8月.333(8月9日時点)と、月を重ねるごとに調子を上げてきているのだ。

 ベテランにとって疲労が積み重なるシーズン後半は、決して楽なものではないはずだ。それなのにイチローは逆に成績を上げていっているのだから、もはや彼に一般常識を当てはめること自体、ナンセンスとしか思えなくなってくる。

 もちろんイチローだって人間だ。これまでの成績の推移をみれば、彼のバッティングがピークを過ぎているのは確かである。だがその一方で、決して極端な落ち込み方をしていないのも事実である。イチロー同様に好打者として知られるヘルトン、イバネスと比較してみよう。

●35歳以降4年間のイチロー選手とヘルトン選手、イバネス選手の成績
    試合数 打率
2009(35歳) イチロー 146 .352
2010(36歳) イチロー 162 .315
2011(37歳) イチロー 161 .272
2012(38歳) イチロー 162 .283
  試合数 打率
ヘルトン 151 .325
ヘルトン 118 .256
ヘルトン 124 .302
ヘルトン 69 .238
  試合数 打率
イバネス 134 .272
イバネス 155 .275
イバネス 144 .245
イバネス 130 .240

 ヘルトンの2010年以降の成績の落ち込みは顕著だし、イバネスの長打力こそあまり差はないが、2011年以降の打率の低下を見れば打撃の衰えは隠せない。それらと比較すればイチローの成績は今なおかなり安定していると言っていい。単純にイチローの成績だけをみて“衰えた”と捉えるのは早計ではないだろうか。こうして同世代の選手たちと比較すれば、彼が未だに“突出した”選手であり続けている。

“メジャー球界の鉄人”となったイチロー。

 39歳、まもなく40歳にして今なお、メジャー球界の特異な存在であり続けられるのは、イチローの卓越した体調管理があるからだ。

 今シーズンも現在のペースでいけば、150試合出場はほぼ間違いない。

 過去イチローが150試合未満の出場に留まったのは、開幕直前に胃潰瘍で故障者リスト入りした2009年の一度きりだ。しかも、故障者リスト入りしたこともこの一度だけ。いわゆる外傷による負傷で戦線離脱したことは皆無である。これ自体、メジャーでは希有な存在なのである。

 メジャー記録の2632試合連続出場を果たしたカル・リプケンJr氏でも、38歳以降は3度の故障者リスト入りを経験し、1999年86試合、2000年83試合、2001年128試合の出場に留まり、この年、41歳で引退している。

 まさに現在の“メジャー球界の鉄人”と化したイチロー。かつて50歳まで現役を続けたい、という夢を語ったのはあまりに有名だが、それが夢でなくなる日がくるかもしれない。

 40歳で迎える来シーズン。1992年にデーブ・ウィンフィールド氏が40歳で記録した156試合出場というメジャー記録の更新は十分に狙える位置にいる。

 果たしてイチローは何歳まで現在のレベルでプレーを続けることができるのか。彼に対する興味はいつまでも尽きることは無さそうだ。

関連記事

BACK 1 2
ニューヨーク・ヤンキース
イチロー
ジェイソン・ジアンビ
ヘンリー・ブランコ
トッド・ヘルトン

MLBの前後の記事

ページトップ