野球善哉BACK NUMBER

普通の公立校が強豪私立と闘う方法。
西脇工、日川の“超積極的”野球。 

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2013/08/16 19:00

普通の公立校が強豪私立と闘う方法。西脇工、日川の“超積極的”野球。<Number Web> photograph by Kyodo News

2回表に木更津総合に追加点を許した時の、西脇工バッテリーの翁田勝基と西沢諄。試合後、翁田は「最後まで気持ちを込めて投げ切れた」と元気にコメントした。

最終回でついに訪れた……西脇工、最大のチャンス!

 例えば、3回裏に西脇工が1点を奪ったシーン。

 2死一、二塁から2番・高見直樹が中前安打を放ったのだが、このとき、木更津総合の中堅手・東龍弥は、バックホームの際にわざわざ大遠投をしている。点差やイニングを考えれば、まだ慌てるほどではなかったはずだが、この送球のミスをついて西脇工は、一塁走者が三塁へ、打者走者は二塁へ進んでいる。

 そして……1対3のまま9回裏となり、西脇工の先頭打者となった3番・山中竣平が右前安打を放ち、西脇工の反撃ムードが俄然高まっていく。

 最終回。ここから先の場面は、単にこのイニングだけではない、両チームのこれまでの戦い方の違いを象徴するような死闘となっていた。

 すでに、木更津総合の笈川は体力の限界を超えての投球になっていた。最後の最後で西脇工に満塁の好機をもたらしたのは、西脇工の攻勢というよりは、笈川の制球の乱れが原因だった。

 もう少しボールを見極めていれば西脇工は同点に追いつけたはず、という声もあるだろう。9回裏2死一塁の場面から2連続の四球。この流れなら、もしかするとラストバッターとなった稗田は打ちにいかない方が良かったのかもしれない。

 だが……それでは公立校の勝機は見出せないのだ。

 敗れはしたが、西脇工もまた、日川と並んで今大会最大の挑戦者だった。

関連記事

BACK 1 2 3
三枝龍史
山田基樹
森友哉
池谷公雄
寺本駿也
佐野優吾
水上鎧人
香月一也
広瀬克弥
千葉貴央
高見直樹
東龍弥
大阪桐蔭高校
木更津総合高校
西脇工業高校
日川高校

高校野球の前後の記事

ページトップ