NumberEYESBACK NUMBER

萩野公介、自由形で銀。
53年ぶり快挙の意義。
~世界的マルチスイマーへの一歩~ 

text by

小川勝

小川勝Masaru Ogawa

PROFILE

photograph byKYODO

posted2013/08/16 06:00

萩野公介、自由形で銀。53年ぶり快挙の意義。~世界的マルチスイマーへの一歩~<Number Web> photograph by KYODO

3位との差は100分の3秒。世界の舞台での勝負強さも証明した。

 世界的に見れば、水泳における花形種目はやはり自由形だ。マーク・スピッツ、イアン・ソープ、マイケル・フェルプスと、歴史に名を残すスター選手は、いずれも自由形で金メダルを獲っている。

 世界水泳選手権で萩野公介が400m自由形の銀メダルからスタートして、世界的なマルチスイマーの道を歩み始めたことは、さまざまな意味で画期的なことだった。

 まず、萩野が本当の意味で、フェルプスに匹敵する世界的なスター選手になる可能性がこれで開けてきたと言える。自由形でもワールドクラスとなると、世界の注目度が違う。なぜ自由形が花形なのかと言えば、一番速い泳法ということはもちろんだが、世界的に選手層の厚い、競争の激しい種目ということもある。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

萩野公介
ネイサン・エイドリアン
山口観弘
瀬戸大也
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

水泳の前後のコラム

ページトップ