セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

ミラン次期トップは会長の娘か?
男勝りな“カルチョの女たち”の野心。 

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph byAFLO

posted2013/08/12 10:30

ミラン次期トップは会長の娘か?男勝りな“カルチョの女たち”の野心。<Number Web> photograph by AFLO

「ミランを総合エンターテイメント・カンパニーにしたい」というバルバラ。現在はクラブの取締役として帝王学を学んでいる。

イタリアでは男女よりも血統主義が重んじられる。

 セリエAで辣腕を振るった女性会長といえば、アメリカ資本へ買収されるまでローマ会長職にあったロセッラ・センシ女史がいた。男勝りだった彼女も父フランコから会長職を受け継いだが、思うような成績を上げられず、末期にはサポーターから相当批判を受けた。トップに立っても、人生バラ色とは限らない。

 折しもミランの商売敵インテルも、トップ交代の岐路に立っている。インドネシアからの巨額オファーに、マッシモ・モラッティ会長は譲渡へ傾きつつある。1995年にオーナーへ就任したマッシモ自身、1955~68年に会長だった父アンジェロの遺志を継ぎ、親子2代にわたって欧州制覇を成し遂げた究極のロマンチストだ。「クラブの歴史や伝統を大事にしてくれる人物にのみ譲りたい」というのは彼の本音だろう。イタリアでは男女の区別なく血統主義は重んじられる。

 親から子へ連綿と続く世襲は、他の欧州列強クラブの経営スタイルでは考えにくいし、前世紀の遺物にも思えるかもしれない。だからこそ、名門ミランの新会長に、ベルルスコーニの名を継ぐ形でバルバラが就任すれば、欧州サッカー界全体に、小さくない一石を投じることは間違いないだろう。

関連記事

BACK 1 2 3
ACミラン
シルビオ・ベルルスコーニ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ