SCORE CARDBACK NUMBER

出るか、“第2の大野均”!
TLが初の合同選考会開催。
~日本ラグビーの埋もれた逸材探し~ 

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph byNobuhiko Otomo

posted2013/08/02 06:00

出るか、“第2の大野均”!TLが初の合同選考会開催。~日本ラグビーの埋もれた逸材探し~<Number Web> photograph by Nobuhiko Otomo

2009年度には高校日本代表候補にも選ばれた法大4年の加藤俊介。視野の広さに定評あり。

 東福岡高校1年で花園の全国高校ラグビー優勝。ポジションは司令塔のSO。高3では史上最強と謳われたチームで5試合274得点という史上最多記録となる猛攻のタクトを振った。加藤俊介は同世代のトップランナーだった。

 7月10日、炎暑の東京・辰巳で行なわれた「第1回トップリーグ合同選考会」。「トップリーグに行った先輩に連絡したりしたんですが、身体が小さい選手にはどこも興味がないみたいで。そんなときにこの機会があると知って、通用するかどうか、エントリーしました」という加藤は、85人の無名戦士の一人としてピッチを駆け、初対面のチームメートに鮮やかなパスを送り、美しいキックを決めた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 643文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

加藤俊介
大野均
石岡剛宗
薫田真広
山田啓介
堀江翔太

ラグビーの前後のコラム

ページトップ