SCORE CARDBACK NUMBER

“最悪の夏”を乗り越え
復活したセルティックス。
~NBAファイナル敗退に学んだ教訓~ 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph byNBAE/Getty Images

posted2010/11/03 08:00

“最悪の夏”を乗り越え復活したセルティックス。~NBAファイナル敗退に学んだ教訓~<Number Web> photograph by NBAE/Getty Images

昨季は東地区4位からファイナル進出するも、3勝2敗から2連敗を喫して王座奪還ならず

「NBAファイナルで負けるほど嫌なことはない」と言ったのは、ロサンゼルス・レイカーズのヘッドコーチ、フィル・ジャクソン。ファイナルにたどり着いた天国から、優勝できない地獄に一気に落とされ、最悪の気分のまま夏を過ごさなくてはいけないからだという。

 6月のNBAファイナルで、そのジャクソン率いるレイカーズに敗れたボストン・セルティックスの面々は、今夏、まさに“最悪の夏”を送った。第7戦の4Q残り6分の時点で同点だったのだから、なおさらだ。故障や疲労を乗り越えての長いシーズンを戦い抜き、プレーオフでは第4シードから勝ち上がったが、シーズン最後の6分間の戦いに敗れ、目の前で優勝を逃した。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 620文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

越境最前線。~世界から見た日本人の価値~

関連記事

ボストン・セルティックス

バスケットボールの前後の記事

ページトップ