自転車ツーキニストのTOKYOルート24BACK NUMBER

自転車女子やカップルも増えた!
ブームを実感「東京アースライド」 

text by

疋田智

疋田智Satoshi Hikita

PROFILE

photograph bySatoshi Hikita

posted2010/10/23 08:00

自転車女子やカップルも増えた!ブームを実感「東京アースライド」<Number Web> photograph by Satoshi Hikita

エンジンもないのに、イベントの華は「アイドリング!!!」。

 そして意外な真実が明らかに(笑)!

 なーんて。何のことかというと「アイドリング!!!」というアイドルグループのことだ。モーニング娘。とか、AKB48みたいな、多人数で歌うアイドルの女の子たちで、なんでもフジテレビの番組発のアイドルなんだそうだ。その彼女たちのステージがイベントの後半に用意されていたのだ。

 わはは、なんだそうか。彼女たちが客を集めていたのか。多すぎると思ったよ。

 しかし、圧倒されるのは、熱狂的ファンの存在だ。

 ま、この手のアイドルにはありがちなことなんだろうけど、うーむ、彼女たちの歌にあわせて、跳ぶ、拳を振り上げる、叫ぶ、踊る、と、まるで自分が主人公であるかのような応援ぶり。

 で、見ていてちょっと私は感心したのだ。

 こりゃ楽しいね。ファンたちは皆、汗だくで踊る。文字通り「声を枯らして応援」。こりゃ参加感も陶酔感もありありだ。統制がとれていて、そのアクションが文字通り「一糸乱れぬ」だ。素直に「おみごと!」と思った。

 前々から「オタ芸」だの何だのとアイドルたちをめぐる熱狂的ファンたちの様相は、テレビなどで拝見していたけど、目の前で見るのは正直はじめてだった。

 終わった後は疲労困憊だろう。アイドルたちにしても「自分の芸(歌)を見せる」というよりも「みんな一緒に盛り上がってくれて(心から)ありがとう!」という風情なのだろう。

次は11月に石垣島で開催。もっともっと、魅力的なアイディアを。

 いずれにせよ、この一体感は充実感を伴うよ。うーむ、情熱の行き所に少しだけ違和感は残るものの、私は彼らがちょっと好きになった。

 しかし、困ったことなのは、アイドルのステージが終わった後のこと。熱狂的ファンたちはぞろぞろ帰っていき、クロージングセレモニーは、わはは、客の数がみごとに半減(以下?)していた。

 仕方ないといえば仕方ないんだが、次回は彼らが少しでも自転車に興味を持ってくれるといいな。体力は増強、スタミナも増強、さらには交通費セーブで、もっと有効に「アイドリング!!!」にお金を使えるぞ。

 というわけで、秋晴れの中、充実のアースライドだったといえよう。実はこのアースライド、東京に限らず、割合、頻繁に開かれている。次は11月の石垣島、12月にはニュージーランドだそうだ。

 ま、このアースライドに限らずだけど、この「オリエンテーリング・システム(?)」は悪くないね。

 チェックポイントに、何か魅力的な「ミステリー」をつくる、イベント範囲をもっと広くする、など、いろいろアイディアも出てくるはずだ。

 自転車イベント主催者側は、是非ご一考を。

 皆が楽しめる上に、イベント開催のあらゆるハードルが悉く下がるはずだから。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5 6

他競技の前後の記事

ページトップ