オフサイド・トリップBACK NUMBER

セリエAの名門ローマが崩壊寸前!!
なのに……監督の未来が明るい理由。 

text by

田邊雅之

田邊雅之Masayuki Tanabe

PROFILE

photograph byBongarts/Getty Images

posted2010/10/03 08:00

セリエAの名門ローマが崩壊寸前!!なのに……監督の未来が明るい理由。<Number Web> photograph by Bongarts/Getty Images

9月28日にはルーマニアのチーム相手にCLで初勝利をあげたラニエリ。名門ローマのプライドは保たれるのか?

ローマの今後と「都合のいい男」ラニエリの行方。

 はたしてこの先、ラニエリはどうなるのか。

 おそらくローマの成績が奇跡的なV字回復でもしない限り、今季限りでの更迭は免れないように思われる。このコラムがアップされる頃には、既にリッピやレオナルドのような人物が後任に就いている可能性さえある。

 もちろんラニエリ本人は結果を出すために必死でやっているわけだし、ここまで打算的な考え方はしていないだろう。だがラニエリのような監督が、クラブ側の「ニッチ」な需要をしっかりと満たす貴重な存在として、現代のサッカー界で重宝されているというのも紛れもない事実だ。

 仮にローマをクビになったとしても、ラニエリは来シーズンか再来シーズンには、またどこかのクラブの監督として、何食わぬ顔で表舞台に登場するはずだ。ある程度顔と名前が売れてしまえば、よほどひどいミスや選り好みをしない限り自動的に仕事が回ってくる。こういう惰性と前例主義に侵された構造は、極東の島国の政治組織だけでなく、実は欧州でも完全に出来上がっているのである。

関連記事

BACK 1 2 3 4
クラウディオ・ラニエリ
ローマ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ