Number on NumberBACK NUMBER

歴史に残る安定感。
~プロ10年目、横峯さくらの強み~ 

text by

小川勝

小川勝Masaru Ogawa

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS/AFLO

posted2013/06/28 06:01

歴史に残る安定感。~プロ10年目、横峯さくらの強み~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS/AFLO

サイバーエージェントレディスで優勝を果たした横峯さくらは、涙を流しながらホールアウト。試合後は、笑顔で記念撮影に応じていた。

 横峯さくらは、プロデビューから今年で10年目を迎えた。日本ツアーに限って言えば、この10年で最も活躍した選手は横峯だ。日本女子ゴルフの現在の隆盛が始まったきっかけは、'03年9月、東北高校の3年生だった宮里藍がツアー優勝を果たしてプロ転向したことだったが、宮里が'06年から米ツアーに参戦した一方で、同年代の横峯は日本でプレーを続けた。この10年で19勝。宮里登場以降の日本女子ツアーで、最も多く勝っているのは横峯なのである。

 その横峯が今年5月第1週のサイバーエージェントレディスで2年ぶりの優勝を果たした。同時に、通算92試合連続予選通過という、日本女子ツアーの新記録を樹立した(これまでの記録は不動裕理が'99年から'02年に樹立した91試合)。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1690文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

横峯さくら
不動裕理
福嶋晃子

女子ゴルフの前後のコラム

ページトップ