F1ピットストップBACK NUMBER

ホンダのF1担当社員に聞いてみた、
F1撤退・復帰に関する本当の気持ち。 

text by

尾張正博

尾張正博Masahiro Owari

PROFILE

photograph byAP/AFLO

posted2013/06/27 10:30

ホンダのF1担当社員に聞いてみた、F1撤退・復帰に関する本当の気持ち。<Number Web> photograph by AP/AFLO

マクラーレンホンダの全盛期、アイルトン・セナが乗りこなした名車MP4/4。1988年シーズンに活躍したこのマシンは、年間全16レース中で15勝している。

第四期の成否の鍵──復帰を望んだ研究者たちの声。

 ならば今回、ホンダを復帰に向かわせたのは、社長か。それとも社員か。それは第四期の成否の鍵を握る重要なポイントではないかと思うのだ。しかし、その心配は新井専務の明確な返答によって杞憂に終わった。

「われわれエンジニアというのはいつだってF1をやりたい。栃木研究所にはいまだってF1をやりたくて入社してきた人間はたくさんいますから。そういう研究所の気持ちを社長が理解して、少しずつ会社を動かし、最後はわれわれが押し切ったという感じだったという認識でいます。だいたい、上から命令されてやっているようじゃ、レースは勝てない。負けたら『なにくそ』と思い、『次は絶対に勝ってやる』という強い気持ちがないと。それには、F1に携わる研究者が自ら復帰したいという声を出さないと」

 さらに復帰初年度となる2015年に向けた抱負を次のように語った。

「勝てないと思って、レースに出るつもりはありません。初年度からきちんと成績を残す覚悟でいます」

 いよいよ今秋、回り出すと言われる基礎エンジン。新しいホンダ・ミュージックがどんな音色になるのかも楽しみだが、現場監督が誰になり、現地でマクラーレンとともに戦うスタッフはどう編成されるのか。「復帰させてください」と手を上げたスタッフたちの声を、いまは早く聞きたい。

関連記事

BACK 1 2 3
ホンダ
マクラーレン
ロス・ブラウン

F1の前後の記事

ページトップ