Survive PLUS ~頂点への道~BACK NUMBER

「出会い」を力に変える男・吉田麻也。
成長続けたプレミア1年目を振り返る。 

text by

西川結城

西川結城Yuki Nishikawa

PROFILE

photograph byTomoki Momozono

posted2013/06/14 10:30

「出会い」を力に変える男・吉田麻也。成長続けたプレミア1年目を振り返る。<Number Web> photograph by Tomoki Momozono

吉田は、リーグ戦最終盤の3試合は欠場したものの、31試合連続フル出場を果たすなど、監督の交代にも全く影響されずDFの中心としてプレミア残留に貢献した。

新監督が口に出した“シュンスケ・ナカムラ”の名前。

 練習が終わると、吉田の下にポチェッティーノ監督が歩み寄ってきた。

「今日の練習だが、特に疑問や問題はなかったか?」

 監督の問いに対して、吉田は、「まったく。すごく整理されていて、プレーし易かったです」と答えた。ポチェッティーノ監督は、納得したかのように、ある日本人選手の名前を挙げて、こう続けたという。

「マヤは日本人だから、こうした戦術的なトレーニングはすぐに理解できると思っている。エスパニョール時代に、シュンスケ・ナカムラと一緒に仕事をした経験がある。彼は残念ながら短い期間しかチームにはいなかったけど、その姿勢は本当にプロフェッショナルだったし、何より戦術理解度が本当に高かった。私は日本人選手は間違いなくクレバーだと信じている。だからマヤのことも、心配していない」

「まだ監督の下で結果を出す前から、絶大な信頼を受けたんですよ」

 吉田は後に、この時のやり取りを振り返り、おどけながらこう話していた。

「僕、まだ監督の下で結果を出す前から、絶大な信頼を受けたんですよ……。完全に中村俊輔さんのおかげです(笑)。でも、自分もヨーロッパでプレーしていて、確かに日本人の戦術理解力は高いと実感していました。外国人選手は言われたことができないという人が結構多い。これは育ってきた環境の違いも関係しているとは思います。日本人は相手のことを考えて動くとか、気を利かせるということができるじゃないですか。監督はDF出身だし、そういう戦術的な部分が好きであり、大事だということがわかっている人だったんです」

 偶然の出会いが招いた、幸運。吉田の戦術に対する的確な振る舞いと、指揮官の志向が重なり、それ以降の両者の良好な流れが出来上がった。

 トレーニングは日々充実し、チームの順位も徐々に上昇していった。対戦相手を意識した戦術メニューを行ないながら、自分のスタイルであるしっかりボールをつないで攻めていくという方向性も忘れない。途中、戦術的な不備が見つかった場合は、吉田も自ら監督に進言し、改善を求めていった。それを指揮官も受け入れるなど、両者の関係も発展性を見せた。

 ある時、吉田はポルトガル人DFのフォンテを誘って食事に出かけた。フォンテはここ数年、チームキャプテンを任されてきた選手で、今季途中までは吉田とレギュラーCBのコンビを組んできた。しかし、1月に負傷離脱して以降、オランダ人DFのホーイフェルトに定位置を奪われ、復帰後もベンチ生活を余儀なくされていた(吉田加入前はこの2人がCBを組んでいた)。

 そんなフォンテが食事中に発した意外な言葉に、吉田は驚いたと語る。

【次ページ】 「試合には出られないけど、練習から成長できている」

BACK 1 2 3 4 NEXT
吉田麻也
サウサンプトン
ナイジェル・アドキンス
マウリシオ・ポチェッティーノ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ