ブンデスリーガ蹴球白書BACK NUMBER

輝きを取り戻した岡崎慎司は
コンフェデ杯でゴールを奪えるか? 

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2013/06/13 10:30

輝きを取り戻した岡崎慎司はコンフェデ杯でゴールを奪えるか?<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

「諦めないとか気持ちや意識の部分はあるけど、やっぱり最後まで走ったからこそパスが来ると……」と、ゴールを決めたイラク戦後にコメントした岡崎。

自分がゴールを決めれば、チームのためになる。

 1-1の引き分けというほろ苦い結果でW杯出場を決めたオーストラリア戦のあと、多くの選手がチームワークばかりに目を向けるのではなく、個人の力を伸ばすことや、個性を出すことの重要性を説いていた。

 岡崎はオーストラリア戦を3日後に控えたドイツ杯決勝の後、まるでそれを予想していたかのような話をしていた。

「正直、サッカーやること自体が楽しいから、チームが勝ったらうれしいし、俺は点を決められなくてもいいとさえ思ってたんですよ。でも、違う。それだったら俺は消えてしまう。自分の特長を、自分がゴールをとれるようなプレーをやらなきゃいけないっていう考えに至ったんです」

 実際、岡崎に対しては、今回のイラク戦もそうだがアジアでは点を取れるものの、世界の強豪相手にはそれほど多くのゴールは決められないのではないかという疑念がついて回っている。それが正しいのか、正しくないのか。その答えを出すためのヒントも、この大会には潜んでいるのだ。

 だから、岡崎は自分のためにゴールを狙う。自分がゴールを決めれば、結局はそれがチームのためになるという確信とともに。

関連記事

BACK 1 2 3
岡崎慎司
シュツットガルト
バイエルン

海外サッカーの前後の記事

ページトップ