スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

レスリングとスカッシュの一騎討ち!?
IOCが選ぶ五輪競技の“価値観”。 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byHochi Shimbun/AFLO

posted2013/06/10 10:31

レスリングとスカッシュの一騎討ち!?IOCが選ぶ五輪競技の“価値観”。<Number Web> photograph by Hochi Shimbun/AFLO

女子レスリング五輪三連覇中の吉田沙保里はIOC理事会が行われたロシアのサンクト・ペテルブルクにメダル持参で乗り込み、ロビー活動を行った。

スカッシュが浮上するシナリオ。

 そこで浮上してくるのが、野球・ソフトボールではなく、やはりスカッシュなのだ。

 現在のオリンピック、特に冬季大会では、スノーボードのような「エクストリーム系」が採用される傾向が強い。

 原理主義的に、一度外したレスリングに抵抗感が強い場合には、競技人口も世界に広がっていて(決してポピュラーではないが)、運営コストも比較的少ないスカッシュに票が集まりやすいのではないか。おそらく、野球・ソフトボールほどの抵抗感はないだろう。

 最終的には、レスリングが体現する「伝統」と、スカッシュが表す「ニューウェーブ」の対決となるだろう。

 IOC委員がどちらの価値観を尊ぶか、その「選挙」になると思う。

関連記事

BACK 1 2 3
東京五輪
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

格闘技の前後の記事

ページトップ