SCORE CARDBACK NUMBER

弱点を克服した由規が、
新世代の旗手になる。 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2010/08/20 06:00

弱点を克服した由規が、新世代の旗手になる。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

8月5日の中日戦でプロ入り初完封。126球を投げきり、一度も三塁を踏ませなかった

「下半身がしっかりしてきた。腕が前に前に伸びるようになってきたら、もっと速いボールがいく。マー君と投げ合ってひと皮むけた感じじゃないの」

 6月13日、ヤクルト・由規が楽天・田中将大に投げ勝ち2勝目を挙げた試合の後、楽天・佐藤義則投手コーチは、由規の活躍をこう予言していた。

 プロ入り前、志望球団は地元の楽天と噂された由規。佐藤コーチとは同じ「サトウヨシノリ」のため「同じ球団では何と呼ばれるのでしょうか」と無邪気に語っていたが、縁がなく'08年、ヤクルトに入団した。

 高校時代から最速156kmをマークし、高い期待がかけられていたが、プロ入り後は伸び悩んでいた。活きのいいボールを投げるのだが、長いイニングを投げられない。指にマメができやすく、すぐにそのマメが潰れてしまうのだ。カルシウム剤等を服用したが効果は見られず、伊藤智仁コーチが指導したのは、最も原始的な対策だった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 512文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本サッカーの未来を語る。

Sports Graphic Number 760

日本サッカーの未来を語る。

 

関連記事

東京ヤクルトスワローズ
由規

プロ野球の前後の記事

ページトップ