SCORE CARDBACK NUMBER

躍進するベルギー代表は
各国の「未来を映す鏡」。
~“多国籍化”が進む欧州サッカー~ 

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph byTomoki Momozono

posted2013/05/06 08:00

躍進するベルギー代表は各国の「未来を映す鏡」。~“多国籍化”が進む欧州サッカー~<Number Web> photograph by Tomoki Momozono

W杯出場を決めれば2002年日韓大会以来となる。攻撃の中心を担うのは背番号10のアザール。

 最近、様々なメディアでベルギー代表の報道を目にすることが多い。ベルギー代表選手が多くプレーする英国のメディアだけでなく、ベルギー人選手にあまり馴染みのないイタリアやスペインでも話題になっており、欧州サッカー界のひとつのトピックとなっている。

 その理由は「黄金世代」といわれる現在のベルギー代表の躍進だ。'14年ワールドカップ予選でもクロアチア、セルビアら強豪揃いのグループで首位を走っており、突破が決まる前から本大会の活躍が期待されているほど。チェルシーのアザール、マンチェスター・Cのコンパニ、アトレティコ・マドリーのクルトワら、ビッグクラブの主力も多く、有名選手の活躍が各国メディアの目を引いている。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 584文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

エデン・アザール
バンサン・コンパニ
ティボウ・クルトワ
マルアヌ・フェライニ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ