サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

4人の“FW”香川、岡崎、清武、乾。
それぞれの葛藤と代表のこれから。 

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2013/04/12 10:31

4人の“FW”香川、岡崎、清武、乾。それぞれの葛藤と代表のこれから。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

右上から反時計回りで香川、岡崎、清武、乾。4人の“FW”は、6月4日、埼玉スタジアムで迎えるオーストラリアとの決戦でどんな成長を見せてくれるのだろうか。

清武は「パス優先」から「シュート優先」へ。

 右サイドでコンビを組む機会の多いサイドバックの内田は、こう証言する。

「(昨年10月の)ブラジル戦で、俺が外をまわったときに、清武がシュート打ったことがあったんだけど。そのあと、アイツは、『あのとき、アツト君、空いてましたよね? シュートを打ちたいから、打っちゃったんですよね』と言ってきたんだよね。すみません、みたいな感じで。それって周りが見えてるってことだよね。しかも、あいつはいいヤツだからね。そんな風に謝ってくれるヤツって珍しい。だから、どんどん打っていけばいいよって思うなぁ」

 ヨルダン戦の後、3月31日のヴォルフスブルク戦、4月7日のマインツ戦でそれぞれアシストを重ね、リーグ1位タイとなる今シーズン10アシストを記録した清武。2つの目標――シーズン10ゴール、10アシスト――のうち、アシストの方は6節を残して達成した。

「あと2カ月……俺はやれることをやる。アシストもそうですけど、シュートを打って意識さえ変えられれば、技術とか、相手とかは関係なしに、たぶんやれると思うので。シュート数をどんだけ増やせるんかな、1試合にシュートを何本打てるんかな、というぐらいの気持ちでやればいい。シュートを打って、相手が食いついてきたら、パスを出す……。今までとは、逆の発想すよね。いまはこう……パス優先ですけど、第一にシュートを考えて。食いついてきたら出す、っていう考えを持てれば、一番だなって思います」

 W杯をめぐる戦いはひとまずお預けとなった。彼らに出来ることは所属するところで、前へ進むこと。ゴールをとれなかった者たちは、ゴールを取れるようなフォワードにならなければと心に誓う。W杯出場をかけた6月の戦いはもう始まっているのだ。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4 5 6 7

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

香川真司
岡崎慎司
清武弘嗣
乾貴士
長谷部誠
内田篤人
ブラジルW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ