Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<侍ジャパンの大黒柱、苦闘の軌跡> 阿部慎之助 「重き荷を背負って」~戦いが終わって思うこと~ 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2013/03/27 06:02

<侍ジャパンの大黒柱、苦闘の軌跡> 阿部慎之助 「重き荷を背負って」~戦いが終わって思うこと~<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi
4番で正捕手でキャプテン――名実ともにチームの中心選手として
3つの責任を背負い、懸命に自分を鼓舞して重圧と戦ってきた。
戦いが終わり夢破れたいま、リーダーの胸に去来する思いとは。

 自分らしさとは何なのか。

 阿部慎之助は、ずっとそのことを考えながら、過ごしてきた。

「やり尽くしたという感じはないですね。だけど、色々なことがあって、自分では精一杯やってきたつもりです。自分はイチローさんとは違って背中で引っ張っていくタイプではないし、先頭に立ってみんなを盛り上げてきたつもりでしたから。そういう意味で悔いはないし、やれることはやったと思っている。でも、負けたことはやっぱり悔しいです」

 準決勝のプエルトリコ戦に敗れた直後、阿部は静かにこう語った。

 4番で捕手でキャプテン――。

 一人で3つの重責を担って臨んだ大会だった。その中でその3つの顔を使い分け、3つの役割をこなし、3つの責任を負わなければならない。阿部自身にとっても、実際問題としてすべてを完全にやり遂げるのは至難の業であることは分かっていたはずだ。

 だがあえてそれに挑戦し、走り続けてきた2カ月だった。

 ただ、そのことがかえって、阿部慎之助らしさを見えにくくした一つの原因だったようにも思える。

「長かったし、しんどかったです。自分の状態がはっきり言ってダメでしたからね。間合いがとれないし、自分でも混乱していました」

 2月15日の代表合宿初日から、ずっと打撃の調子が上がらず、まず4番・阿部としての自分を見失いかけた。しかも大会開幕を3日後に控えた2月27日には、右ひざの古傷再発というアクシデントにも襲われた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2188文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

阿部慎之助

プロ野球の前後のコラム

ページトップ