SCORE CARDBACK NUMBER

波乱含みの開幕ラウンド。
中間チームの秘策とは?
~F1序盤戦に必要な“賭けの戦略”~ 

text by

今宮純

今宮純Jun Imamiya

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2013/03/24 08:00

波乱含みの開幕ラウンド。中間チームの秘策とは?~F1序盤戦に必要な“賭けの戦略”~<Number Web> photograph by Getty Images

絶対王者ベッテルと正常進化型のレッドブルRB9が、V4ダブルタイトル獲得を目指す。

 開幕ラウンドは今年も3月のオーストラリアGPとマレーシアGPの連戦で始まり、4月、中国GPとバーレーンGPへと進む。各国の天候変化による影響で波乱も予想される4戦だ。

 昨年は開幕から7人が勝者に名を連ねたが、今季もそれに近い展開になるだろう。それだけにチャンピオンシップを目指すには勝利もさることながら、表彰台を重ねていく一貫した成果が求められる。欧州ラウンドに入るまでに「最低50点以上」がターゲットラインか。ちなみに昨年は首位S・ベッテルが53点で、4番手F・アロンソが10点差内につけ、そこから二人のタイトル争いが続いていった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 653文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

WBC 侍ジャパンの「天国と地獄」。

Sports Graphic Number 2013/3/30臨時増刊

WBC 侍ジャパンの「天国と地獄」。

 

関連記事

セバスチャン・ベッテル
フェルナンド・アロンソ
レッドブル
フェラーリ
マクラーレン
ロータスF1チーム
メルセデスAMG
BMWザウバー
フォース・インディア
トロロッソ
ケータハムF1チーム
マルシア
ジェンソン・バトン
キミ・ライコネン
ウイリアムズ

F1の前後の記事

ページトップ