SCORE CARDBACK NUMBER

14戦無敗のフランケル、
27年ぶりの新史上最強馬に。
~英国の優駿に与えられた高評価~ 

text by

片山良三

片山良三Ryozo Katayama

PROFILE

photograph byAFLO

posted2013/03/22 06:00

14戦無敗のフランケル、27年ぶりの新史上最強馬に。~英国の優駿に与えられた高評価~<Number Web> photograph by AFLO

2着に1馬身以内に迫られたのは、生涯で2度のみ。史上最強の名に相応しい強さだった。

 '77年から続いているワールドサラブレッドランキング(前身はインターナショナルクラシフィケーション)において、140ポンドという史上最高のレーティングに評価されたのが昨シーズンで現役を退いたフランケル(牡5歳、父ガリレオ)だ。

 これまでの最高値は、'86年の凱旋門賞を伝説的な追い込みで勝ったダンシングブレーヴで、当時のハンディキャッパーが141ポンドという高い評価をしたものが残っていた。しかしこの1月に発表されたランキングは過去のレーティングを年度ごとに見直し、フランケル140、ダンシングブレーヴ138という修正値が決定版として出されたのだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 640文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

フランケル
ダンシングブレーヴ

競馬の前後のコラム

ページトップ