SCORE CARDBACK NUMBER

フェド杯4強入りならず。
伊達の起用は正解だった?
~古傷悪化でも外せない“看板”~ 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byMannys Photography

posted2013/03/11 06:00

フェド杯4強入りならず。伊達の起用は正解だった?~古傷悪化でも外せない“看板”~<Number Web> photograph by Mannys Photography

17年ぶりの準決勝進出をかけて戦った伊達だったが、「モスクワの奇跡」はならなかった。

 2月に行なわれた国別対抗戦フェドカップ、ワールドグループ1回戦の日本対ロシア戦。日本は森田あゆみが2勝を挙げる活躍で通算2勝1敗とリード、世界4強入りに王手をかけてクルム伊達公子が登場した。

 伊達は初日の第1試合で右のアキレス腱を痛めていた。アリーナの床材の上にハードコートを敷いた特設コートで試合をこなすうちに古傷が悪化したのだ。伊達は村上武資監督に状態をありのままに伝えた。「(翌日の試合に出場しても)パフォーマンスは下がります」。それでも、村上監督は「できるならやってほしい」と応じ、当日朝の様子をみて最終判断を下すことにした。「やるべきか、やめるべきか」。伊達はエントリー変更の締め切り直前まで悩んだものの、最後は奮闘する森田の姿を見て腹をくくった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 573文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

追憶の90's

Sports Graphic Number 824・825

追憶の90's

 

関連記事

クルム伊達公子
森田あゆみ
土居美咲
村上武資

テニスの前後の記事

ページトップ