SCORE CARDBACK NUMBER

多彩な人生を謳歌する、
セードルフの武器と野心。
~サッカー選手のセカンドキャリア考~ 

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2013/02/01 06:00

多彩な人生を謳歌する、セードルフの武器と野心。~サッカー選手のセカンドキャリア考~<Number Web> photograph by Getty Images

イベントで蘭ウィレム王子夫妻と共演したセードルフ。3つの別クラブでCL優勝を経験。

 長引く不況もあり、欧州では現役引退後のセカンドキャリアに向けた準備の必要性が叫ばれている。選手の多くは引退後に指導者やコメンテーターを目指すことが多いが、すぐに職を得ることができるのはひと握りに過ぎない。

 セカンドキャリアを考える際に手本とすべき存在とされているのが、現在はブラジルのボタフォゴでプレーするクラレンス・セードルフだ。

 セードルフは20代の頃からピッチ外の活動に取り組んできた。イタリアのACモンツァの経営に関わり、サッカー以外でも「セードルフ・レーシング」を立ち上げ、バイクの世界選手権125ccクラスに参戦するなど、スポーツクラブマネージメントを学んでいる。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 619文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

メッシvs.ロナウド~世界最強はどっちだ~

関連記事

クラレンス・セードルフ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ