私とDo 特別編BACK NUMBER

<お笑い芸人は、なぜ体を鍛えるのか?> 団長安田 「自転車好きにだけ通じるギャグができました!」 

text by

林田順子

林田順子Junko Hayashida

PROFILE

photograph byAsami Enomoto

posted2013/02/07 06:01

<お笑い芸人は、なぜ体を鍛えるのか?> 団長安田 「自転車好きにだけ通じるギャグができました!」<Number Web> photograph by Asami Enomoto
<庄司智春 編>   <ワッキー 編>   <団長安田 編>
笑いの裏に人知れぬ努力あり。
テレビで筋肉自慢をする芸人は何を思い、どう鍛えているのか。
好評発売中の雑誌Number Do『体が変われば人生が変わる!?』では、
庄司智春、ワッキー、団長安田の3人の本音に肉薄。
今回はいよいよ、自転車芸人こと団長安田が、
自らの追求する笑いを語ります。

「最初はタイヤ細いし、サドル高いし、ハンドル遠いし、どこ持てばいいかも分からないし、怖かったんですけど、いざ乗ったら“早っ! やっぱこれや!”ってもう夢中ですよ」

 仕事の現場に行くのも自転車、芸人仲間が飲みに誘っても、「自転車なんですんません」と断った。

「最初は笑われましたよ。“自転車で来るってなんやねん!”って。でも楽しくて仕方なかった。遠回りして帰ったり、全然知らん道をわざと迷子になりに行ったりしてました」

 最初のうちは都内の移動手段だったが、より速くなりたい、という気持ちが高じ、そのうち遠方のロケにも可能な限り持っていくようになった。

「小笠原諸島の母島で1週間のロケがあったときは、HIROくんがローラー台、服はクロちゃん、一番大事な自転車は僕が持っていきました。母島ってアップダウンがすごいんですよ。朝早く起きて乗って、ロケから帰ってまた乗って。ロケの思い出は全くないんですけど、なんか練習したな~っていうのは覚えてる。僕にとっては完全に合宿でしたね」

相方のHIROくんやクロちゃんと会う機会も減っているが……。

 今では自転車のイベントや、子供たちへの交通マナーのレクチャーに呼ばれることも。月によってはお笑いよりも、自転車の仕事のほうが多いこともある。相方のHIROくんやクロちゃんと会う機会も減っている。

「たまにお笑いの仕事があるとHIROくんデカイな~とか、クロちゃん気持ち悪いな~とか新鮮ですよ(笑)。それにみんな返しがめっちゃ早い! ボケても必ず突っ込んでくれるから安心なんですよね」と語るが、そもそも突っ込み役は団長なのでは、と不安になる。もしや団長はお笑いをないがしろにしているのではないだろうか。

「ないがしろにはしてないですよ(笑)。自転車をはじめてから新しいネタも生まれましたし。ただ、自転車好きしかこの面白さは分からないんですけど……」

【次ページ】 それでも彼らは今日もトレーニングに励む。

1 2 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

他競技の前後のコラム

ページトップ