SCORE CARDBACK NUMBER

思惑違いの移籍劇。
馬原孝浩は新天地で蘇る。
~森脇監督が期待する反骨心~ 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2013/01/28 06:00

思惑違いの移籍劇。馬原孝浩は新天地で蘇る。~森脇監督が期待する反骨心~<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

オリックスへの移籍が決まった馬原は、寺原に「全然気にしなくていい」と伝えたという。

 ソフトバンクの馬原孝浩が、オリックスに移籍することになった。寺原隼人がFAでオリックスからソフトバンクに戻ることになった時、誰よりも喜んだ馬原がその人的補償の対象となったのは、何とも皮肉な話だった。

 守護神の放出は、V奪回を狙うソフトバンクにとって痛手だ。球団フロントは、馬原が右肩の故障明けで年俸が1億3500万円と高額であることや、今季中にFA権を取得することもあり、オリックスの“指名”はないと判断。28人のプロテクト枠から除外していた。

 だが今季からオリックスの監督となった森脇浩司は、ソフトバンク時代にヘッドコーチを務め、「存在価値は、杉内俊哉や和田毅よりも大きかった」と語るなど、馬原の実力を誰よりも知っていた。人的補償の対象者リストを見た森脇は、迷いなく指名したのだという。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

福岡ソフトバンクホークス
馬原孝浩
森脇浩司
秋山幸二

プロ野球の前後のコラム

ページトップ