野ボール横丁BACK NUMBER

なぜ菊池雄星の球威は落ちたのか?
速球派の新人投手に待ち受ける罠。 

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2013/01/20 08:01

なぜ菊池雄星の球威は落ちたのか?速球派の新人投手に待ち受ける罠。<Number Web> photograph by Kyodo News

ドラフトで1位指名を受けた楽天・森雄大。「新人王を獲るぐらいの気持ちでやりたい。そして、いつかWBCのメンバーに入って、日本を代表するような左投手になりたい」

二軍で非常に優秀な選手が、一軍だと全然ダメな理由。

 DeNAの後藤武敏も、かつてこう語っていたものだ。

「周りの人から、『ファームにいるときとぜんぜんフォームが違うぞ』って、いつも言われてましたね」

 後藤は'03年、法政大学から自由獲得枠で西武へ入団。それからしばらくは、二軍では、いつも結果を残した。だが一軍に上がると別人のように萎縮してしまった。

「一軍で打てなかったらどうしよう……という気持ちが入ってくるだけで変わってきちゃう。受け身になってしまって、いつもだったら初球からいけるのに待ってみたり。仕草とかもぜんぜん違うみたいです。焦ってるように見えるってよく言われた。ファームだと自信があるから、余裕を持って打席に立てる。同じような気持ちで一軍でもできればいいんですけど……」

 2人のフォームを狂わせたもの。それは、自分の中に芽生えた恐怖心だった。つまり、相手によって変わる前に、自分で自分を変えてしまったのだ。

 これは森だけでなくすべてのルーキーに共通することだが、彼らにとって何より大事なことは、まずは、今持っている自分の力をそのままプロの世界でぶつけることだ。変えるのであれば、その結果を受けてからで十分である。

「まずは150を追い求めてとことんやりたい」でいいのだ!

 もちろん投手の場合、球速が落ちたからといって、それは必ずしも悪いことではない。150キロの棒球よりも、130キロのキレのあるボールの方が速く見えるということは往々にしてある。

 だが、森はこう話す。

「僕は性格的にも技術的にも器用なタイプではない。だから、ちょっと抜いて、制球力で抑えるみたいなことはできない。それにボールのキレという意味も、いまひとつ、わからないんです。だから、まずは150を追い求めてとことんやりたい。力で押すタイプになりたいと思う」

 森が言うように、わからないものは、わからないままでいいのだ。それが当然なのだから。下手な想像を膨らませないためには、それが最善の策のように思える。

関連記事

BACK 1 2
東北楽天ゴールデンイーグルス
森雄大
菊池雄星
埼玉西武ライオンズ
前田勝宏
横浜DeNAベイスターズ
後藤武敏

プロ野球の前後の記事

ページトップ