詳説日本野球研究BACK NUMBER

地元の逸材はガッチリ押さえる!!
中日ドラフト指名戦略の凄味。 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2012/12/26 10:31

地元の逸材はガッチリ押さえる!!中日ドラフト指名戦略の凄味。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

中日が今季ドラフトで1位指名した慶大・福谷浩司は理工学部で電子工学を専攻。慶大野球部・江藤監督は「勉強が7、野球が3と言っていた。野球人というより学者」と振り返るほど文武両道を貫いていた。

大器をじっくり育成する中日で、福谷は大化けするか。

 本人は変化球には無頓着な様子で、杉山翔大(早大)との対談(週刊ベースボール12・1号増刊)では「俺には真っすぐしかないんだから」と笑っている。しかし、4年になってからこのストレートの勢いが影をひそめているのが不安だ。

 また、慶大でリリーフ登板が多かったのも不安要素の1つだ。なぜなら、中日はリリーフ陣が強力で、それほど手当てを必要としていない。

 抑え候補が浅尾、岩瀬、山井と3枚揃い、抑えにつなぐまでの人材も田島、小林正、高橋聡文、鈴木と充実している。むしろ手薄なのは先発陣で、ここに充当できる完成度があるかどうか見てみたい。

 と言っても、落合博満政権以降、中日は新人に即戦力の活躍を期待していない。大学卒であろうと勝負は2年目以降で、3年目以降でも構わないくらいのスタンスで接している。投球フォームがよく、ロジカルに自分のピッチングを振り返ることのできる福谷は、20代の中盤以降大化けできる素材。中日との相性のよさがわかると思う。

関連記事

BACK 1 2 3 4
中日ドラゴンズ
横浜DeNAベイスターズ
福谷浩司
阪神タイガース
オリックス・バファローズ
福岡ソフトバンクホークス

プロ野球の前後の記事

ページトップ