青春GOLF ――石川遼に密着! BACK NUMBER

予選2位通過という“自己紹介”で、
世界は石川遼の名を胸に刻んだ。 

text by

雨宮圭吾

雨宮圭吾Keigo Amemiya

PROFILE

photograph byKYODO

posted2010/06/23 10:30

予選2位通過という“自己紹介”で、世界は石川遼の名を胸に刻んだ。<Number Web> photograph by KYODO

共に予選ラウンドからプレーをしたトム・ワトソンと歩く石川遼。まさにゴルフ界の伝説とも言える選手が18歳を絶賛した

ボールの芯を打ち抜く練習の成果を予選で発揮した。

 111位で予選落ちした2月の試合以降、石川はボールの芯をきちんと打ち抜くことをテーマに練習を重ねてきた。おかげで予選2日間を3パットなしで乗り切ることができた。

 特徴である高弾道のショットも硬いグリーンを攻略するには有効で、石川の優勝の可能性を問われたワトソンは「もちろんじゃないか。今の順位を見てみなよ」と自信を持って答えていた。

 残念ながらワトソンの予想は当たることはなく、石川は3日目に9打差の7位に後退。最終日は80と崩れて33位で初めての全米オープンを終えることになるのだが、話題先行と見られていた海外メディアの評価を覆すには十分な活躍で、日に日に増えるギャラリーの声援もそのことを証明していた。

「メジャーを勝つには知名度、人気も大切だと思う」

 日本のスポーツ界はW杯狂想曲の最中にあり、石川もそれを知った上で「どれぐらいのことをすればW杯より盛り上げられるのか分からないけど、アウェーじゃなくてホームのつもりで戦いたい」と意気込んで大会に臨んでいた。結果的に狂熱の日本列島にサッカーを上回る熱気をもたらすことはできなかったが、サッカー熱の低いアメリカの地では大会に熱気をもたらす選手の1人となった。それは33位という結果以上に素晴らしい成果である。

「メジャーを勝つには知名度、人気も大切だと思う。ウッズやミケルソン、エルスみたいに、それを多く集めて注目された人がメジャーで勝つことができる」

 7月には聖地セントアンドリュースで行われる全英オープン、8月には全米プロ選手権とメジャーの戦いはまだまだ続く。石川にとって、世界を驚かせるチャンスは4年に1回ではないのだ。

関連記事

BACK 1 2
石川遼
トム・ワトソン

男子ゴルフの前後の記事

ページトップ