ブンデスリーガ蹴球白書BACK NUMBER

ブンデスリーガでの日常で取り戻した、
長谷部誠の強い心とキャプテンシー。 

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph byAFLO

posted2012/11/22 10:31

ブンデスリーガでの日常で取り戻した、長谷部誠の強い心とキャプテンシー。<Number Web> photograph by AFLO

監督交代後は右MFのレギュラーとして、カップ戦含め5試合連続で出場している。チームもこの間、4勝1敗と好調を維持。11月18日のホッフェンハイム戦ではヘディングで今季初ゴールを挙げた。

勝利にもなお反省する選手たちに成長の跡を見た。

 失点した場面で、何度も何度も、味方の背中を押した理由については、こう語る。

「もちろん、俺が鼓舞していなくてもみんな大丈夫ですよ。だけど、やっぱり、声出して、みんなに『顔を上げてやろう』というようなことを伝えたかった。まぁ、あの試合、負けるわけにはいかなかったのでね。そうやって声を出すのも自分の役目かなと思います」

 はたして、後半45分には岡崎のゴールが生まれて、日本は勝ち越しに成功。二次予選から最終予選までずっとホームで無敗をほこっていたオマーンから勝利をもぎとり、本大会出場に王手をかけた。

「世界を見てもW杯の予選だと、格下だからってアウェイで簡単に勝っているチームなんてほとんどないんですよ。正直、W杯予選って、結果が全てだと思うんですよね。ただ、日本の選手たちは勝っても納得していなかった。ロッカールームでも、みんなが『もっとこうしなきゃいけない、ああしなきゃいけない』という話をしていたから。その辺は成長しているのかなと思いましたね」

オマーン戦で完全復調した長谷部のキャプテンシー。

 ブラジル戦後の長谷部とは違い、相手チームを警戒し、チームを鼓舞するキャプテンに戻っていた。だからこそ、オマーン戦のあと、長谷部の声はガラガラだったのだ。

 声が嗄れていたことを指摘されると、長谷部は少し照れくさそうに、こう切り返した。

「声、嗄れてましたか? あ、本当ですか? まぁ……そうかもしれない。けっこう、声は出していたからね」

 オマーン戦の4日後、ホッフェンハイム戦に先発出場した長谷部は、ヘディングで今季初めてとなるゴールを決めた。

「後半の最後は多少、疲れてしまいましたけど、気温差30度以上? もっと違うのかな……暑いところから(寒い)ドイツに戻ってきて、ゲームをやるほうが楽。オマーン戦のほうが全然きつかったですよ」

 リラックスした表情の長谷部は穏やかにそう話した。

関連記事

BACK 1 2 3 4
長谷部誠
ヴォルフスブルク

海外サッカーの前後の記事

ページトップ