SCORE CARDBACK NUMBER

「悔いはない」と退団した、
73歳、権藤博の“性分”。
~中日でも起きた指揮官との衝突~ 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2012/11/10 08:00

「悔いはない」と退団した、73歳、権藤博の“性分”。~中日でも起きた指揮官との衝突~<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

投手王国を支えた権藤は退任に際して、「悔いはない。選手はよく戦ってくれた」と語った。

 球界からまたひとつ、名物が消えた。

 中日はクライマックスシリーズのファイナルステージで3連勝するも、3連敗を喫し敗退。その責任を取らされる形で、権藤博投手コーチが解任された。

 今季、権藤コーチと高木守道監督は、投手起用をめぐって衝突を繰り返してきた。おそらく、その亀裂が決定的になったのはファイナルステージ第5戦、2-2の同点で迎えた9回だった。イニングの頭から登板した岩瀬仁紀が、2安打と1四球で満塁とされた場面で、監督は三振の取れる浅尾拓也を熱望したが、権藤コーチは、山井大介の投入を進言した。結果は山井が、代打・石井義人に打たれてサヨナラ負け。怒り心頭の高木監督は「あとはピッチングコーチに聞いてくれ」という捨て台詞をはいた。シーズン中、権藤はこんなことを言っていた。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

中日ドラゴンズ
権藤博
高木守道

プロ野球の前後のコラム

ページトップ