フットサル日本代表PRESSBACK NUMBER

「1-4」でのブラジル戦敗北は布石!?
フットサルW杯初戦、我慢の日本代表。 

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph byREUTERS/AFLO

posted2012/11/02 11:50

「1-4」でのブラジル戦敗北は布石!?フットサルW杯初戦、我慢の日本代表。<Number Web> photograph by REUTERS/AFLO

スペイン人のミゲル・ロドリゴ 監督が、前半のタイムアウトで選手たちへ作戦を説明する。前半を1失点で折り返すまでは順調だったのだが……。

ブラジル戦がこの結果で良かったと思えるように……。

 攻撃的な姿勢を貫いたら、2-4まで追い上げることができたかもしれない。あるいは、さらにゴールを割られて1-5になっていたかもしれない。いずれにせよ、1-4という結果を現時点での最適解とするためにも、選手たちの今後の奮闘が望まれる。

 真っ直ぐ前を向いた稲葉が、視線に強い光を宿す。

「あの1点が今後につながるように、このブラジル戦で良かったと思えるようなポルトガル戦、リビア戦にしたい。チームの雰囲気はいいですし、みんなで前を向いていこうって話してます」

 落ち着いた表情のカズも、言葉には力がこもる。ポルトガル戦に向けた気持ちの表れだろう。

「厳しい状況ですが、まだ2試合ありますから。自分たち次第で、状況は変えられる。まずは次のポルトガルに勝つことだけを考えて、明日からの2日間準備したい」

 ポルトガル戦では最低でも引き分け、あわよくば勝利をつかむ――。

 ゲームに臨むスタンスは分かりやすい。ブラジル戦を最後に残すポルトガルは、日本との第2戦でベスト16入りを決めてしまいたいはずだ。

 拮抗したゲーム展開に持ち込めば、相手の焦りを誘うことができる。気持ちを切り替えつつもブラジル戦を教訓とすれば、必ず勝機は膨らんでくる。

関連記事

BACK 1 2 3
三浦知良
ミゲル・ロドリゴ
村上哲哉
逸見勝利ラファエル
稲葉洸太郎
小宮山友祐
川原永光

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ