SCORE CARDBACK NUMBER

ジェレミー・リンの熱狂は
ロケッツでも再現なるか。
~ニューヨークでのブーム、その後~ 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2012/10/09 06:00

ジェレミー・リンの熱狂はロケッツでも再現なるか。~ニューヨークでのブーム、その後~<Number Web> photograph by Getty Images

リンは昨年末、入団するもすぐに解雇されたロケッツに好条件で凱旋復帰する形となった。

 今年2月、NBA中を沸かせた“リンサニティ(リン旋風)”は、ある意味、純粋に夢物語だった。何しろ、それまでほとんど試合に出られず、無名に近かった台湾系アメリカ人のジェレミー・リンが、ちょっとしたきっかけで大都市の老舗チーム、ニューヨーク・ニックスのスターティング・ポイントガードを任され、あれよあれよと言う間にチームを7連勝に導いたのだ。その間のリンは神がかり的な活躍で、7試合中6試合で20点以上をあげ、決勝のブザービーターも沈めた。ニックスの救世主と呼ばれ、非現実の御伽噺の世界の登場人物のように祭り上げられた。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

ジェレミー・リン
ヒューストン・ロケッツ

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ