SCORE CARDBACK NUMBER

CSで打倒巨人を狙う
中日の強さの“秘密”。
~谷繁と和田の“ベンチワーク”~ 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2012/09/28 06:00

CSで打倒巨人を狙う中日の強さの“秘密”。~谷繁と和田の“ベンチワーク”~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

9月16日の広島戦は見事、完封リレーで勝利。高木監督と権藤コーチは固い握手を交わした。

 昨年のセ・リーグ覇者、中日が巨人に10ゲーム近い大差をつけられ、苦しんでいる。71歳の高木守道監督と73歳の権藤博投手コーチが、選手起用をめぐって激しいバトルを繰り広げながらも9月16日に広島を2対0で破り、6年連続のCS出場をなんとか決めた。

 この広島との3連戦のさなか、首脳陣の対立が表面化。「試合が続くから今日は中継ぎは出せませんと(投手コーチに)言われた。これじゃ勝てると思っていない」と監督が言えば、「本当の戦いはまだまだ先じゃないですか」とコーチがやり返す。こんなやりとりは自然とベンチにも届き、選手たちは気まずくなるものだが、そこは“大人の対応”ができる2人のベテランが支えている。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

中日ドラゴンズ
高木守道
権藤博
和田一浩
谷繁元信

プロ野球の前後のコラム

ページトップ