SCORE CARDBACK NUMBER

考え抜いて、攻め抜いて。
錦織圭が刻んだ新たな歴史。
~五輪8強の勢いを全米OPにも~ 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byMannys Photography

posted2012/08/26 08:00

考え抜いて、攻め抜いて。錦織圭が刻んだ新たな歴史。~五輪8強の勢いを全米OPにも~<Number Web> photograph by Mannys Photography

92年ぶりの4強入りはならなかったが、1回戦で敗退した4年前からの成長を見せつけた。

 8強入りしたロンドン五輪を振り返り、錦織圭は「なにか少しふっ切れたような。そんな感触がありました」とブログに書いている。

 五輪の前に戦い方を見直し、「攻撃的なテニスがやはり自分の持ち味なんじゃないかと再認識」したという。ウィンブルドンでは3回戦に進出し、次の2大会は、いずれもベスト8。まずまずの成績だが、本人はその結果や試合内容に満足していなかったようだ。7月のアトランタ大会では添田豪に2-6、1-6と完敗した。錦織の父親、清志さんは「テニスに元気がない」と感じていたという。

 その後は一旦、練習拠点である米国のIMGアカデミーに戻って調整した。「自分のテニスとは何か」と自問自答したのは、この時期だろう。導き出した答えは、ミスを恐れず攻める、というものだった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 549文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<ロンドン五輪特別編集>終わらない物語。

Sports Graphic Number 2012/8/24臨時増刊

<ロンドン五輪特別編集>
終わらない物語。

 

関連記事

錦織圭
バーナード・トミック
ニコライ・ダビデンコ
ダビド・フェレール
ロンドン五輪
オリンピック・パラリンピック

テニスの前後の記事

ページトップ