Number Do SpecialBACK NUMBER

<マラソン日本記録保持者の教え> 高岡寿成 「走るとは“組み立てること”である」 

text by

高川武将

高川武将Takeyuki Takagawa

PROFILE

posted2012/09/13 06:00

<マラソン日本記録保持者の教え> 高岡寿成 「走るとは“組み立てること”である」<Number Web>
「身体だけでなく、頭も使って走りたい!」
そんなランナーの皆さんに向けて、
雑誌Number Do『大人の山登り。~ゼロから楽しむ入門編~』では、
「走る」を自分なりのやり方で追い求めてきた、
日本記録保持者、大学教授、そして作家の思考法を特集しました。

今回は、その中から、30歳を過ぎて初マラソンの舞台に立ち、
日本マラソン史に名を刻んだ高岡寿成さんの“教え”を公開します。

 2時間6分16秒――。

 10年前に高岡寿成が樹立したマラソンの日本記録は、いまだに破られていない。

 最も速く42.195kmを駆け抜けた日本人はどのような考えの下に、練習を積み、レースに臨み、そして結果を残したのだろうか。

 現在はカネボウのコーチを務める高岡を、チームが合宿を組む菅平高原に訪ねた。

 トラックを専門にしていた高岡がマラソンに転向したのは、2001年秋のことだ。31歳を目前にしての遅いスタートだった。

 ほぼ無名の選手だったが、龍谷大4年時に5000mで日本記録を出し、一躍注目を浴びる。
'93年にカネボウ入社。当初、伊藤国光監督(現専修大監督)と決めた目標は、長距離種目の日本記録を破ることと、五輪の金メダル獲得だった。

 予選落ちに終わるが'96年アトランタ五輪で1万mの代表となると、'00年シドニー五輪では5000m、1万mに出場して、1万mで7位入賞。五輪の男子1万mでの入賞は日本人4人目の快挙でもあった。

こちらは雑誌『Number Do』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 5926文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

陸上の前後のコラム

ページトップ