野球善哉BACK NUMBER

ダルなき日本球界を照らす一筋の光。
“向上心”の男、大阪桐蔭・藤浪の夏。 

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2012/08/29 10:30

ダルなき日本球界を照らす一筋の光。“向上心”の男、大阪桐蔭・藤浪の夏。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

光星学院を相手に、夏の甲子園決勝最多となる14奪三振で締めくくった大阪桐蔭・藤浪。プロ志望を明言し、「球団はどこでもいいです」と語る彼の進路に、プロ野球関係者の熱い視線が注がれている。

「発展途上」と言われた藤浪が導き出した答え――。

 3年間で一番の投球―――。

 指揮官も、本人も、2年生捕手の森友哉も、決勝戦のピッチングをそう評した。

 それは、彼が向上心を持ち続けた結果として辿りついたものだ。

「発展途上」と言われながら、藤浪が3年間で導き出した答えだった。

「いい投手と勝てる投手は違う。勝てる投手になりたかった」とはにかみながら藤浪がこぼした言葉が真相だろう。

 春と夏、2度優勝マウンドに立った藤浪の姿は、ダルビッシュが海を渡った日本の野球界にとって一筋の光だったに違いない。

 花巻東の大谷も、岩手県大会決勝で敗れ甲子園には届かなかったが、高校生最速160キロを出し、“怪物”ぶりを球界に轟かせた。

 春に抱いた予感は、今、現実になった。

関連記事

BACK 1 2 3 4
大谷翔平
藤浪晋太郎
西谷浩一
田村龍弘
北條史也
森友哉
大阪桐蔭高校
花巻東高校

高校野球の前後の記事

ページトップ