濃度・オブ・ザ・リングBACK NUMBER

アメリカにも立ち技ブームが到来か!?
新団体発足で加速する格闘技界再編。 

text by

橋本宗洋

橋本宗洋Norihiro Hashimoto

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2012/08/28 10:30

アメリカにも立ち技ブームが到来か!?新団体発足で加速する格闘技界再編。<Number Web> photograph by Getty Images

かつてのK-1のヒーロー、ミルコ・クロコップ。UFCに参戦し、昨年引退を表明していたが、新生K-1のために復帰を決意。立ち技の舞台でその輝きを再び取り戻すことはできるのか、注目が集まる。

ミルコひとりのK-1はどうUFCの拠点に立ち向かうのか。

 ヨーロッパや日本だけでなくアメリカ進出に本腰を入れているK-1は、9月8日にロサンゼルス大会を開催する。現地で選手発掘トライアウトも行なっている。現在もUFC出場で知名度のあるミルコ・クロコップを擁しているK-1だが、もし自国のスター選手が出現すれば、アメリカでの勢いはさらに増す。

「現在はUFCを目指してMMAのトレーニングに励む選手が多いですが、“立ち技でもカネになる”という状況になれば有望選手がK-1に流れる可能性もあります」と高橋氏もK-1の可能性に注目している。

 もちろん、これは“うまくいけば”の話。もう一つのビッグイベントである『イッツ・ショータイム』を買収した『グローリー』も、豊富な選手層を活かして対抗策を講じてくるだろう。とはいえ、Spike TVの影響力が強大であることは間違いない。

 MMAと同様、立ち技の“首都”もアメリカに――。そんな日も遠くないように思える。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ミルコ・クロコップ
セーム・シュルト
レミー・ボンヤスキー
ピーター・アーツ

格闘技の前後のコラム

ページトップ