ロンドン五輪EXPRESSBACK NUMBER

“くすぶり”を晴らす、ゆかでの演技。
銀でも内村航平に満足感が漂う理由。 

text by

矢内由美子

矢内由美子Yumiko Yanai

PROFILE

photograph byAsami Enomoto/JMPA

posted2012/08/06 15:45

“くすぶり”を晴らす、ゆかでの演技。銀でも内村航平に満足感が漂う理由。<Number Web> photograph by Asami Enomoto/JMPA

圧倒的な存在とみなされながら、苦しい五輪となった今大会。種目別決勝のゆかに出場した内村は、技の難易度を示すD得点で中国の鄒凱に及ばなかったものの、出来栄えを示すE得点では全選手中トップをマークした。

くすぶっていたものを晴らした、種目別ゆかでの演技。

 今大会はプレッシャーを背負っての長い戦いだった。

 団体総合ではミスを連発した。予選では鉄棒とあん馬で落下しており、あん馬の得点は12点台という考えられないような低さだった。

 決勝でもそのあん馬で最後に大過失を犯してしまい、最初のアナウンスでは日本は4位。その後、技の再認定が行われて銀メダルに浮上したが、笑顔も半分止まりだった。

 悪い流れ。個人総合ではさすがの力を見せ、最終種目のゆかの前に2位との点差を約2点と広げていたため、危なげない優勝だったが、内容的にはやはり理想とは距離があった。

 個人総合で最後のゆかの演技が終わると、内村は両手を顔の前で合わせ、観客席に向かって謝った。彼にしては珍しく、2つめのシリーズの着地でバランスを失い、両手をゆかに着いてしまっていたのだ。

 全6種目で15点以上を出し、合計92.690という圧勝の金メダルだったが、彼の心にはずっと複雑なものがくすぶっていたのだろう。それを晴らすような、種目別ゆかでの演技だった。

日体大時代の恩師・具志堅幸司氏が内村へ送るエール。

 これで今大会は3つのメダルを獲得した。北京から合わせると5つ目のメダルとなる。

 日体大時代の恩師であり、個人では内村の前の五輪金メダリストである具志堅幸司氏は「次のリオでも金メダルを目指してがんばって欲しい」とエールを送った。

「内村にはオリンピック2連覇を狙える力がある。リオデジャネイロ五輪では27歳になるが、わたしがロサンゼルス五輪で金メダルを取ったのも27歳だった。今後4年間、すべてを維持するのは大変なことだけど、これからは団体、個人、種目別と、いろいろな方法でチャンピオンを目指していけばいい」と期待を寄せる。

 これについては内村自身も「当然そのつもりです」と、リオデジャネイロ五輪を目指すことをしっかりと口にした。

 まだ23歳。伸びしろはある。今後は出場種目を絞るという方法も考えられるだろう。内村の体操人生の終着駅がどこにあるか。その地図はまだ白いままだ。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

内村航平
ロンドン五輪
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後のコラム

ページトップ