Number on NumberBACK NUMBER

10種、世界新の可能性。
~米国・イートンの恐るべき総合力~ 

text by

小川勝

小川勝Masaru Ogawa

PROFILE

photograph bySports Illustrated/Getty Images

posted2012/08/07 06:00

10種、世界新の可能性。~米国・イートンの恐るべき総合力~<Number Web> photograph by Sports Illustrated/Getty Images

全米選手権で9039点の世界記録を叩き出した時のイートン。ロンドン五輪での世界記録更新をたずねられ、「準備はできている」とコメント。

 陸上競技においては、最近、オリンピックで世界記録が出ることはほとんどない。出るとすれば女子の3000m障害や棒高跳びといった歴史の浅い種目だ。北京五輪におけるウサイン・ボルトのように、男子100m、200mといった伝統種目で世界記録を出したのは例外に属する。これは記録のレベルが高くなったこともあるが、オリンピックでは、何より勝つことが優先され、中長距離や跳躍種目で、あえて記録を狙う選手が少ないことも理由の一つだ。

 しかしロンドン五輪では、世界記録を出して金メダルを獲る可能性の高い選手がいる。10種競技の米国代表、アシュトン・イートンだ。'11年世界選手権で銀メダルだった24歳。今年6月の全米選手権・ロンドン五輪代表選考会で、ロマン・シェブルレ(チェコ)が保持していた世界記録を11年ぶりに更新した。記録は9039点。これがどれくらいすごい記録なのか。その内容を理解するとともに、ロンドンでさらに塗りかえる可能性が高いという点について、じっくりと見ていきたい。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1687文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

アシュトン・イートン
江里口匡史
矢澤航
金丸祐三
ロンドン五輪
オリンピック・パラリンピック

陸上の前後のコラム

ページトップ