なでしこジャパンPRESSBACK NUMBER

スウェーデン戦はデジャヴになる!?
なでしこが勝つための2つの注意点。 

text by

河崎三行

河崎三行Sangyo Kawasaki

PROFILE

photograph byNoriko Hayakusa/JMPA

posted2012/07/28 11:35

スウェーデン戦はデジャヴになる!?なでしこが勝つための2つの注意点。<Number Web> photograph by Noriko Hayakusa/JMPA

アグレッシブな走りと豊富な運動量でスウェーデンをキリキリ舞いさせることができるか? 川澄、大野、安藤らには大いに期待したいところ。

大儀見に替えて安藤を先発させてみるのも面白いかも?

 一方、スウェーデンの守備はといえば、MF、DFできれいに2ラインを作るものの、前への圧力はない。ブロックの中に入ってきた敵に応対する守り方だ。

 これまた、日本にとっては好都合。日本にはラインとラインの間、あるいは人と人の間に入り込んでパスを受けるのがうまい川澄や大野がいる。狭いスペースでも正確にボールをコントロールして起点になれる二人は、同時に切れ味鋭いドリブラーでもある。俊敏さを欠くスウェーデン選手が彼女たちを止めるのは容易ではない。

 そして、さほどプレッシャーの厳しい相手ではないのだから、あえて前線にボールを収めるターゲットを置く必然性はない。ことによっては大儀見に替え、安藤を先発させてみるのも面白いのではないか。

 川澄、大野とあわせて同系の3人で前線を引っ掻き回せば、敵の最終ラインに悪夢を見させることができるかもしれない。実際この組み合わせは位置関係こそ違うものの、昨年の女子W杯準決勝で日本がスウェーデンに快勝した際、非常に有効に機能していたのだ。

圧倒的なボール支配とGKをあざ笑うループシュート、再び。

 昨年の準決勝と言えば、日本の3点目となった川澄のループシュートを覚えているだろうか。スウェーデンのGKリンダールは、あの時のミスに懲りず、相変わらず不用意に前に出てくる癖がある。

 今五輪のグループリーグ初戦、スウェーデンは明らかに実力が劣る南アフリカに1失点を喫したが、それは前に出過ぎたリンダールの頭越しにロングシュートを決められたものだ。

 圧倒的なボール支配と、GKをあざ笑うかのようなループシュート――。

 次のスウェーデン戦は、1年前のデジャヴを見るような展開で日本が勝利することを期待するファンがいたとしても、さほど荒唐無稽な夢想ではないような気がする。

関連記事

BACK 1 2
佐々木則夫
澤穂希
ロッタ・シェリン
福元美穂
川澄奈穂美
大野忍
大儀見優季
安藤梢
ヘドヴィグ・リンダール
ロンドン五輪
オリンピック・パラリンピック

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ