Jリーグ万歳!BACK NUMBER

40歳で現役引退を決断した藤田俊哉。
Jの先駆者が描く次なるビジョンとは? 

text by

細江克弥

細江克弥Katsuya Hosoe

PROFILE

photograph byToshiya Kondo

posted2012/07/24 10:30

40歳で現役引退を決断した藤田俊哉。Jの先駆者が描く次なるビジョンとは?<Number Web> photograph by Toshiya Kondo

1月の故松田直樹の追悼試合では、かつてのチームメイト福西崇史と息のあったコンビネーションを見せた。

未知の世界に飛び込む“挑戦”の感覚は選手時代と同じ。

――そう考えると少し、「引退」という言葉の理解が変わってくる気がします。

「そうかもしれない。ただ、引退というのは、やっぱり、選手の人生における最大の決断だと思う。だから、『どれくらい悩んだ?』と聞かれても答えられない。だって、『100』って言っても分からないでしょ(笑)。だから深く悩んだとしか言えないけど、簡単じゃないよね。なかなかそれを言葉にするのは難しい。そこには恐怖感もあるだろうし、見えないことをする怖さは誰にでもある。その葛藤はないって言ったらおかしい」

――半年前、藤田さんは「先のことにしか興味がない」と言っていました。新しい道の「先」をどのように見ていますか?

「いや、全くわからないよね。未知の世界だから、どうなるか分からない。でも、挑戦するだけの価値があるという思いが強いし、とにかくそこに入って、勝負したい。確約のある話じゃないしね。でも、そういう感覚って選手の時も同じなんだよ。自分の想像もしないことが起こり得ると思うけど、最初から楽じゃないと思っているから怖さはない。ただ、誰かが先にやっている姿を見るより、自分が苦労して到達するほうがいい」

指導者を目指して海を渡る元Jリーガーの先駆者に。

 日の丸を背負い、国内トップレベルで活躍した選手が、指導者として海外を目指す。それはこれまでのJリーガーが選んできたセカンドキャリアにはない、新たな選択肢である。選手としても、また選手会の会長としても常に先頭を走ってきた藤田がその道を切り開こうとすることに、大きな意味がある気がしてならない。

 明日はもっと、いい選手になる――。そんな明日を何度も迎えた後、「感覚派」を自称する生来のナチュラリストがどんな指導者になって帰ってくるのか、今から楽しみでならない。

関連記事

BACK 1 2 3 4
藤田俊哉
名波浩
服部年宏
福西崇史
西紀寛

Jリーグの前後の記事

ページトップ