SCORE CARDBACK NUMBER

世界の“総スペイン化”が
退屈の後にもたらす未来。
~旧態依然のカウンターは下火!?~ 

text by

浅田真樹

浅田真樹Masaki Asada

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2012/07/25 06:00

世界の“総スペイン化”が退屈の後にもたらす未来。~旧態依然のカウンターは下火!?~<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

EURO決勝、スペインはイタリアに4-0で圧勝。世界にその強さをあらためて示した。

 4年前、スペイン対ドイツのEURO決勝が「テクニック対フィジカル」と評されていたことが、もはや遠い昔の話のようだ。「ドイツ=フィジカル」でないのは、今さら言うまでもないが、今回のEUROでは、イタリアやイングランドなどにも志向の変化はうかがえた。全体的な傾向を大雑把に括れば、ショートパス重視で攻撃を進める、スペイン的なサッカーへと向かっていたのである。

 これはヨーロッパだけの話ではない。先月行なわれたワールドカップ・アジア最終予選でも、そうだった。かつては徹底的に守備を固め、一発のカウンターに狙いを絞っていた中東勢が、ショートパスをつないで攻めようとしていたのだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 626文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<ロンドン五輪総力特集>やまとなでしこロンドンに咲け。

関連記事

海外サッカーの前後の記事

ページトップ