SCORE CARDBACK NUMBER

“叩き上げ”の減少で、
勢力を伸ばす大卒力士。
~角界は“就職先”のひとつに!?~ 

text by

佐藤祥子

佐藤祥子Shoko Sato

PROFILE

photograph byKYODO

posted2012/08/11 08:00

“叩き上げ”の減少で、勢力を伸ばす大卒力士。~角界は“就職先”のひとつに!?~<Number Web> photograph by KYODO

寄り切りで把瑠都を破った妙義龍。先場所に続き鶴竜にも押し出しで勝ち2大関を倒した。

 日馬富士の全勝優勝で幕を閉じた、大相撲名古屋場所。幕下優勝は、白鵬の付け人も務める、元日大相撲部主将・アマ19冠の大器、山口だった。入門3場所目、髷の結えないザンバラ髪のまま、来場所の十両昇進が決定した。三段目優勝は、貴乃花部屋初の大卒力士、明大出身の渡辺だ。序ノ口優勝決定戦は、ともに木瀬部屋所属の日大出身・岩崎、近大出身・浜口の「同部屋東西大学」対決となり、熱戦の末、岩崎が制した。

 先の5月場所で4大関を倒し、注目された妙義龍も日体大出身。名古屋場所では新三役として2場所連続で技能賞を受賞した。十両力士28人のうち、実に13人もの大卒力士が番付を占めてもいた。幕内から序ノ口まで、学生出身力士の台頭に、目を見張らざるを得ない。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

日馬富士
妙義龍

相撲の前後のコラム

ページトップ