フェアウェイの舞台裏BACK NUMBER

世界のトップゴルファーが参戦する、
日本女子ツアーの新しい時代、到来! 

text by

雨宮圭吾

雨宮圭吾Keigo Amemiya

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2012/07/06 10:30

世界のトップゴルファーが参戦する、日本女子ツアーの新しい時代、到来!<Number Web> photograph by Getty Images

世界トッププレイヤーであるミシェル・ウィー(写真)やモーガン・プレッセル、世界ランキング1位のシン・ジエまでも参戦した5月のワールドレディス・サロンパスカップ。優勝したのは日本女子ツアーの2011年賞金女王アン・ソンジュだった。

世界最高峰の日本ツアーとして、ファンも発想の転換を。

 選手の立場から言えば、優勝できるのはただひとり。海外勢とか日本勢で線引きをしてはいないようだ。

 笠りつ子のように「日本人が勝たんといかん」と声を上げる選手はむしろ少数派。横峯さくらは「周囲の人間よりはマスコミの方に言われることの方が多いですかね。私も頑張ってるんだけどなと思います」とおっとりとしたもの。連勝を止めた服部も「あまり意識してないんですよ。メディアで取り上げられているのを見て初めて知りました。でも同じフィールドで戦っていて、どの選手も一生懸命やっているので、あまり意識はしていません」という。

 有村智恵もこう言っていた。

「私たちは毎試合勝ちたいと思って戦っている。(海外勢に勝つために)何かを変えなきゃいけないのか、このまま頑張り続けた方がいいのかはまだ分からない」

 奮闘する彼女たちを見て思うのは、まず変えるべきは見る側の発想ではないかということ。

 日本人選手のための女子ツアーではなく、世界のトッププレーヤーが集い競い合う場所としての日本女子ツアー。そう考えれば海外勢が席巻する現状にも新たな魅力が見つけられるはず。それが女子ツアーの見巧者とは呼べないだろうか。

関連記事

BACK 1 2 3
アン・ソンジュ
戸張捷
ヤニ・ツェン
ミシェル・ウィー
有村智恵
笠りつ子
横峯さくら
全美貞
フォン・シャンシャン
朴仁妃

女子ゴルフの前後の記事

ページトップ