野球善哉BACK NUMBER

'10年日本一、'11年最下位のロッテ。
見事に復活して現在首位にある理由。 

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2012/07/02 12:40

'10年日本一、'11年最下位のロッテ。見事に復活して現在首位にある理由。<Number Web> photograph by Kyodo News

7月1日の対オリックス戦で決勝打を放ったロッテ角中勝也。今季交流戦では首位打者となる打率3割4分9厘を記録している。

「次は、内野手の層をいかに厚くできるか」

 そろそろシーズン半ばという頃にあって首位に立っているロッテ。ドラフト戦略から導かれた激しいチーム内競争が好調の原因なのは間違いないが、編成統括の松本氏はさらにこの現状に拍車をかけようとしている。

「首位にいますが、今は順位をどうこういう時期ではありませんから、まだまだ戦力を厚くしていかないといけないと思います。外野手は充実してきました。投手はたくさん獲っていますから、次は、内野手ですね。内野手の層をいかに厚くできるか」

 内野陣に関しては、今江、井口に頼っている現状がある。だが、今季は新人の鈴木大地が一軍ベンチで経験を積んでおり、他にも'05年の高校生ドラフト4位の細谷圭、小林宏の人的補償で阪神から移ってきた若手の高濱卓也もおり、それぞれに内野陣のさらなる戦力アップに一役買いそうな気配が漂う。

 一昨年の日本一から最下位に転落した昨季、そして、好調を維持する今シーズン。混戦の様相のパ・リーグで、昨年最下位のロッテの復活が現実のものになろうとしているのは間違いない。

関連記事

BACK 1 2 3 4
千葉ロッテマリーンズ
松本尚樹
角中勝也
西村徳文

プロ野球の前後の記事

ページトップ